ヒルナンデスで紹介!丸亀製麺を楽しむコツ!かしわ天の温め方など

本日(2021/2/4)のヒルナンデスの「"愛社員"が自社のヒミツをクイズ形式で紹介する」
という趣旨の企画の中で丸亀製麺が特集されました。

ここで"愛社員"とは自他共に認める会社愛がNo.1の社員です。
つまり、会社のことが好きで好きでしょうがない社員のことです。

そんな"愛社員"が自社のヒミツ(利用上のコツ)を公開してくれているのでとても熱のこもった説明になっていました。

今回の記事では丸亀製麺について紹介されたヒミツを紹介したいと思います。

丸亀製麺とは?

丸亀製麺とは株式会社トリドールジャパンが運営するうどん専門の飲食店であり、
国内に849店舗(20年6月時点)を展開しています。

本格的な讃岐うどんをセルフ形式で提供しているのが特徴です。

前身は焼き鳥屋さんでしたが、2004年から世界的に大問題となった鳥インフルエンザの流行などにより業態転換を行い、徐々にうどん屋さんにシフトしていきました。

①テイクアウトの裏技!かしわ天(天ぷら)の温め方

実は、丸亀製麺はテイクアウトに対応しています!
うどんをテイクアウトするという発想がなく、ヒルナンデスで初めて知りました。

うどんと比較して天ぷらの方が冷めやすく味が落ちやすくなります。
※スープは液体なので温度が下がりにくい。

なので、番組で紹介された「天ぷら(番組ではかしわ天を使用)をおうちで温め直しておいしく食べられるようにするコツ」が有効活用できると思います。

それのコツは↓です!
くしゃくしゃにしたアルミホイルにのせオーブントースターで焼く

これにより、できたての時のようなサクサクの天ぷらが復活します!

番組内では詳細な手順は紹介されていませんでしたが、恐らく↓のようなものと考えられます。
※一般的な天ぷらの再加熱のやり方と一緒!

(1)くしゃくしゃにしたアルミホイルをテーブルに敷く
   敢えてくしゃくしゃにしたのは油をアルミホイルの溝に落とすためと考えられる
(2)そのアルミホイルの上に天ぷらを重ならないように置く
   熱の通りにムラがでてしまう、かつ油が下の天ぷらに移ってしまうからだと考えられる
(3)トースターで3〜7分加熱する
   トースターの出力にもよるので適宜様子を見ながら温める

そのほかにも、アレンジメニューとして「かしわ天のクリスピーチキンサラダ」やさつまいも天を蜂蜜と黒ごまと和えて作った「さつまいも天の大学芋風」が紹介されていました。

丸亀製麺は焼き鳥屋からスタートしているので、天ぷらの中でも
かしわ天(讃岐風フライドチキン)はそのノウハウが詰まったお店一押しのメニューです。

ケンタッキーのクリスピーチキンに食感が似ていてとてもおいしいです。

温め直したとしてもおいしく食べることができるので、
冷めることを気にせずに天ぷらをテイクアウトすることができます。

テイクアウトの弱点は出来立てを食べられない(料理が冷めてしまう)ことだと思うので、
これを克服できるのはとてもありがたいことだと思います。

②うどんのだしが無料でもらえる

かけうどんを頼まなくても「だしが無料でもらえる」ということが紹介されていました。

釜玉うどんに途中でだしをかけて「かきたま風うどん」に!

カレーうどんの残ったルーにだしを入れご飯と温泉玉子を加えて「カレーリゾット」に!

だしを足すことで元々のうどんの味を変えられるので二度おいしく食べられます。

③食いっぷりグランプリ

本日(2021年2月4日)から「食いっぷりグランプリ」を開催するようです。
うどんを食べている様子を動画でとってハッシュタグをつけてSNSで投稿する企画

優勝者には丸亀製麺のCMに出られるということなので、
ご興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか。

最後に

天ぷらの温め方、無料のだしなど丸亀製麺の料理を楽しむためのコツがわかりました。

一人当たり500円あたりでテイクアウトメニューが頼めるのはコスパ抜群だと思いました。

是非、我が家のテイクアウトのルーティーンの中にも取り込めたらと思います。

丸亀製麺ホームページ 打ち立てセット 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
丸亀製麺ライフ・テイクアウトライフの充実に貢献できれば幸いです。