茨城県免許センター近隣であじさい観光!駐車場情報もチェック!

2020年9月28日

茨城県に在住し、6月中旬〜7月上旬に運転免許の更新(だいたい5~7月生まれ)を控え、平日は仕事があるから警察署ではなく運転免許センターに行って免許を更新しないといけないあなた!

運転免許を更新してとんぼ返りではもったいない!

実は茨城県運転免許センター(茨城免許センター)の近くに素敵なあじさいスポットがあるのをご存知ですか?

そんなあじさいスポットを茨城免許センターから近い順に3箇所紹介させていただきますので、よろしけれ最後までご覧ください!

(茨城町)涸沼自然公園

涸沼自然公園は涸沼湖畔に広がる自然の形をそのまま生かした34.5haもの広大な公園であり、その園内には約1万株のあじさいが咲き誇ります。
この34.5haの大きさを想像できますか?約東京ドーム 7個分なのでかなり大きいですよね!

この涸沼自然公園は茨城免許センターと同じ茨城町内にあり、わずか8.2km(車で17分)で行けてしまうスポットです。

しかも、MapFanのルート検索によると、茨城免許センターから涸沼自然公園へは3回右左折するだけで着けるので、あまり運転が得意でないドライバーでも容易に行くことができると思います!

あじさいの名所として「お寺の階段を昇り降りしながらあじさいを眺める風景」を思い浮かべる方も多いと思いますが、涸沼自然公園では比較的高低差が少ないため散策しやすいことが個人的におすすめです。
ぜひ、免許更新とあわせてぶらっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

駐車場情報はこちらをご確認ください。
園内の広い駐車場をご利用いただけます。

(水戸市)保和苑

保和苑は、大悲山保和院桂岸寺に隣接する庭園であり、元禄時代、徳川光圀公が寺の庭を愛されて保和園と名付けられたのが始まりといわれています。

その後、昭和初期に地元有志により純日本庭園化され、現在の保和苑に改名され、その敷地には約100種6千株のあじさいが咲き誇ります。

この保和苑は茨城免許センター(茨城町)の隣の水戸市にあり、10.1km(車で21分)で行けてしまうスポットです。

美しい純日本庭園の中に多種多様なあじさいが咲き乱れている様子は絶景で、かつ茨城免許センターから10km程度の場所にあることから、こちらもぶらっと寄れるおすすめのスポットです!

駐車場情報はこちらをご確認ください。
基本的に近くの有料駐車場を使っていただくことになります。

(桜川市)雨引観音

雨引観音は聖武天皇と光明皇后の安産祈願が成就してから、安産・子育ての霊場として広く知られています。
現在も安産や、生まれた子供の健康を願う家族客が多く訪れており、その境内には約10種3千株のあじさいが咲き誇ります。

この雨引観音(桜川市)は茨城免許センター(茨城町)から46.7kmの場所にありやや離れています。
しかし、両者は同じ北関東高速道沿いにあるため、雨引観音へは車で47分(高速道路料金1150円)でいけます。
※茨城免許センターは「茨城町東IC」、雨引観音は「桜川筑西IC」

荘厳な建築物、国の重要文化財に指定されている観音像、境内に放たれている孔雀に加えて、境内に咲くあじさいを楽しめるのであれば、やや遠くても一見の価値ありだと思います!

駐車場情報はこちらをご確認ください。
小型車約300台を駐車可能な駐車場が第1より第5駐車場まで、山上より順に配置されています。

雨引観音は茨城免許センターから遠くて遊びに行くモチベーションが湧きにくいですか?

桜川市には美味しいお土産を扱っている店もあるので、あじさい堪能した後に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

最後に

梅雨の時期に茨城免許センターで免許を更新するなら、ついでにあじさいをご覧になるのはいかがでしょうか。
雨でもなお楽しめるあじさいスポットはプチ観光にはもってこいだと思います。