中小企業診断士試験の独学は不利!独学を選ぶ理由と供に考察!

2020年11月4日

中小企業診断士試験での独学で勉強することの是非について考えてみました。

201X年の中小企業診断士試験合格者の私としては、独学には反対です。

細かくいうと、一次試験は「できれば独学はやめて欲しい」、
二次試験は「独学はNG」だと思っています。

というのも、一次試験は努力に正比例して成績が伸びていきますし、
科目合格制度もあるので「やればできる」と考えています。

厳しいことを言いますが、一次試験が何回も突破できないのは努力不足です。

一方、二次試験は択一ではなく筆記であり、無数のバリエーションで解答できてしまいます。
そして、解答が発表されません。

そのため、一貫性のあるプロセスで正解と思われる答えを導出することが困難になり、
努力と成績が正比例しません。

なので、本記事では二次試験に焦点を当てて「独学をしないほうがよい理由」、
および「独学を選ぶ理由に対する筆者の意見」を説明します。

↓の様に思われている方がいらしたら、
是非、本記事を最後まで読んで思い止まっていただきたい!!

二次試験に落ちてしまった(もしくは試験合格の手応えがない)。
来年度に向けて独学でやるか資格予備校に通うか迷う。
資格予備校に通った方がよいとは思うけど通うの大変だしお金もかかる。
独学での合格者のノウハウを真似れば合格できるのでは?
早速ググろう「中小企業診断士 独学・・・」

なぜ独学での勉強は不利になるのか?

資格予備校ではプロの先生から要点を絞ったノウハウが聞けるため、
知識の吸収スピード・応用力が高くなります。

また、資格予備校では本試験を模したオリジナルの答練を解くことができます。

「質の高い答練の演習→フィードバック(採点・コメント)→復習」を何度も繰り返すことによって、先生のノウハウを効率的に吸収することが可能です。
もちろん、並行して過去問の解答にも取り組んでいます。

※質の高い答練を作れる資格予備校こそ選ぶべき予備校

そのため、資格予備校に通っている人と比べて成長スピードが遅くなるため独学は不利です。

ボクシングで例えると↓のような感じになります。

・資格予備校に通っている人:サンドバック打ち(過去問演習)、ミット打ち(講義)、
              スパーリング(答練)
・独学の人        :サンドバック打ち(過去問演習)のみ

どちらがボクシングで強くなれそうですか?

また、100m競争で言うと、資格予備校に通っている人は20m進んだ地点、
独学の人は0mの地点からスタートするようなものです。

あなたがウサインボルトだったら逆転できるかもしれません。

ですが、自分が特別(ウサインボルト)であるという前提で、
逆転劇を夢見て試験勉強を進めるのは危険です。

じゃあ、巷にいる独学での合格者は何者なのか?

独学合格をジャストで示す統計が見つからないので正確なことはわかりませんが、
下表(二次試験の勤務先別合格率)を見る限り過去に他の難関を突破してきたエリートが独学で合格しているのではないでしょうか。

<二次試験の合格率(勤務先別)※資格予備校/独学かは不明>
・税理士・公認会計士等自営業 :25.0% ※資格難易度高&中小企業診断士との共通点多
・経営コンサルタント事業所等勤務:28.4% ※入社難易度高&業務そのものがコンサル
・政府系金融機関勤務:28.7% ※入社難易度高&財務会計経験率高

2次試験受験者「勤務先別合格率」(H29年度)から抜粋

独学のノウハウを使えばあなたは合格できる?

合格できる人もいる(上記のエリート達)。
でも、合格できない人が圧倒的多数と思います。

ちょっとググると独学での合格者のノウハウがたくさん出てきます。
そのノウハウが独自の成功体験だけに基づくものであれば(つまりN=1)、
安易に採用しないほうがよいと思います。

その人だからうまくいった可能性が高いからです。

ノウハウを披露している独学での合格者とあなたは能力・環境の面で色々異なる。
・能力:持って生まれた才能、勉強のスキル、他の試験の合格実績
・環境:現業と診断士資格の共通点、勉強に割ける時間、仕事の負荷

なので、そのノウハウを使えば自分も合格できると思ってはいけないと考えます。
その人はそれで合格できたけど、他の受験生にそれが広く当てはまるとは限りません。

上記のような能力・環境面の差異を考えないまま、独学での合格ノウハウに
踊らされるのは非常に危険だということです。

一方、資格予備校は複数の生徒が在籍しているため、合格者も不合格者も
成績が伸びる人も伸びない人もいます。
すなわち、サンプル数が多く多様性があります。

先生は生徒とのコミュニケーション、質疑応答、模試や答練の採点、再現答案の採点等の
フィードバックを通し、カリキュラムやノウハウに多様性を反映させることができる。

この様に、客観的なノウハウに基づく指導が受けられることが資格予備校がメリットの一つです。

(参考)ふぞろいな合格答案は使えるのか?

飽くまでも参考程度に止める使い方がよいと思います

よく見かける独学者の勉強法として、バイブル?(ふぞろいな合格答案)を見て自分自身の解答プロセスを確立させるというものがあります。

これができる独学の人はどれほどいるのでしょうか?

複数人の解答や解答に至るプロセスが見れるので確かに参考にはなります。

でも、そのプロセスに一貫性や再現性はありますか?
ある時はAさんの解答、ある時はBさんの解答、都合の良いものを都度選んでませんか?

必要なのは一貫性・再現性を持つ解答プロセスによって導かれた一つの解答だと思います。

資格予備校に通っている人達は答練で一貫性・再現性を持つ解答プロセスを磨き上げています。
とことん鍛えられた猛者達と戦うのは怖くないですか?

彼らは少し変則的な問題が出ても、合格に必要な部分点を積み上げてきます😱

独学を選ぶ理由は?

独学を選ぶ理由(=資格試験に通わない理由)を考察しました。

今まで独学で結果を出してきたから

輝かしい実績がある方は無理に資格予備校に通わなくてよいと思います。
ただし、もし二次試験に落ちた際にその理由が分からなければ予備校に通うことをお薦めします。

「自分は素晴らしい解答を書いた!それなのになぜC評価なんだ?」
って思った方は、迷わず資格予備校に通ってください。

金銭面に事情があるから

ご家庭の事情だと思うのですが、突っ込んで書かせていただきます。

私の意見としては、ただ金銭面だけがネックであるならば、稼げばいい!

借り入れるのが嫌ならば働いて稼ぐしかない。

二次試験後から試験結果が発表されるまでの期間(10月下旬〜12月上旬)は、
ソワソワしてしまって勉強どころではありませんし、翌年度向けの授業も始まっていません。

だから、この期間にギグワークをして少しでも資格予備校の費用を捻出します。
※本業で副業許可を得ていることが前提ですが…

資格予備校に通うメリットを考えれば、
この閑散期に稼いで来年度の試験に備えるというのはありなのでは?

でも、やるなら会社の許可とって健康を害さないように!

近くに資格予備校がないから

WEB授業に対応している資格予備校が多いので、それを利用してください。
インターネットが発達した今、地理的条件は独学を選ぶ理由になりません。

資格予備校に通って結果が出せなかったから

独学に切り替えたくなる気持ちはわかる!

そこは踏みとどまって、先生の解答プロセスが身についているか省みてはいかがでしょうか。
解答プロセスを身に着けるための答練の活用方法はこの記事をご参照ください。

その上で、「先生にまたついて行く」、「先生を変える」、「資格予備校を変える」、
「独学する」等を判断したらよいと思います。

最後に

独学で中小企業診断士試験に合格している人もいるので、
独学そのものを頭から否定するつもりはありません。

ただ、個人で編み出した独学メソッドが皆に当てはまるわけではないので、
注意喚起させていただきました。

※私は資格予備校の回し者ではありません!

一般論としてプロの先生に習ったほうが上達が早く効率的に勉強できるため近道です。

合格率が低い試験であり、エリートもたくさん受験してきます。

そんな人たちと戦うため、余程の事情がない限りは資格予備校に通うことをお薦めします。

もしこの記事があなた自身、あなたの家族や関係者を説得する材料になれば幸いです🙂