中小企業診断士試験の資格予備校・先生選びのポイントを解説!

2020年11月4日

中小企業診断士試験(二次試験)の指導を誰から受けるか?

あなたの合否に深く関わる最初の決断になると思います。

「誰から指導を受けるか?」には「①資格予備校」、「②先生」の二つの要素があり、
それぞれにポイントがあるので順番に紹介していきたいと思います。

なお、この記事ではどこどこ予備校のだれだれ先生がいいというような
バイネームでの紹介は行いません。

合格に向けた方法論は一つではないため、
自分にあったものを自分の目で見て選んだ方がよいと考えているからです。

201X年の中小企業診断士試験合格時の経験をもとに執筆しましたので、
↓のような方は是非最後まで記事をお読み下さい。

中小企業診断士(二次試験)落ちてしまった〜
今の資格予備校(先生)に通い続けるか?
新しいところ(先生)を探すか?悩むな〜

なお、本記事はストレート合格を狙う人向けではないのでご注意ください。

ストレート合格を狙う初学者と二次試験経験者の資格予備校・先生選びは、
学習経験の違いによりポイントが変わってくるからです。

資格予備校選びのポイント

まず、資格予備校選びのポイントは「答練の質が高いこと」です。

本番の二次試験を模して作られた答練の問題により演習を通して、
先生の解き方を定着させていくことが合格への近道です。

なので、二次試験の再現度が高い(=質が高い)問題を用いた答練を提供してくれる資格予備校を選ぶこと、つまり「何を題材に学ぶか」が重要です。

「これ、本試験の問題と違うじゃん!」と突っ込みを入れてしまうような問題で答練を行っても学習効果は低いです。

実は問題を作ることってとても難しいんです。

本試験の傾向を捉えていることはもちろん、近年の中小企業の動向やマーケティング・技術・経済・財務等の動向をしっかりと捉えた上で問題を作るからです。

なので、質の高い問題が作れるということは、先生の
「中小企業診断士」としてのレベルが高いことを意味します。

そんな先生の指導を受けられるならばお金を払って通う価値はあると思います。

資格予備校選びには答練の質の高さが重要ってことは理解できた。
でもさー、答練の問題の質の良さなんて通ってみないとわかんないじゃん。
どうすればいいの?

↑のような疑問が湧くのは当然だと思います。
その解決法を2つ紹介いたします。

ただし、二次試験の過去問をやり込んでいることが大前提となります。
というのも「二次試験の再現度が高い(=質が高い)」が判断できないからです。

ここで、「二次試験の再現度が高いこと」の判断方法を記載します。
最低限以下の2つは確認するようにして下さい。

  • 本文のストーリー
    事例毎にストーリーが決まっています。それが答練の本文で再現できていることを確認します。
    (例:事例1)
    創業当時はうまくいっていたが、外部環境が変化してそれについて行けなくなった。
    変化に対応しようと経営戦略(企業戦略や事業戦略)を修正し、それに合わせて組織構造や人的資源管理の在り方も再考しなければならなくなった。
  • 設問構造
    事例毎に設問の順番が決まっています。それが答練の設問で再現できていることを確認します。
    (例:事例1)
    第1問から第5問は↓の順番で流れていきます。
    経営環境分析→経営方針→経営戦略→組織構造・人的資源管理

一つ目は、各資格予備校が開催する模試の問題から答練の質を推測する方法です。
※「資格予備校の模試を受けたことがある」というのが前提となります。

模試と答練の問題は作り方が一緒なので、
模試の質が高ければ答練の質も高いと推測できます。

二つ目は、資格予備校に出向き、実際に答練の問題を見せてもらう方法です。

「答練でどういう問題を出しているか見せて欲しい」と受付で言えば、
サンプルを見せてもらえると思います。
※空振りにならないように事前に電話で↑が可能か確認することをお勧めします。

答練の質の高さ=資格予備校の実力と言っても過言ではありません。
なので、実物を直接見て判断することが大切です。

先生選びのポイント

次は先生選びのポイントを説明します。
「どのように学ぶか」がテーマとなります。

何人かの先生に教わったことがありますが、先生によって二次試験の解き方がまちまちです。
同じ資格予備校の先生なのに、教え方に個性が出ることがあります。
※それでいいのか?という疑問はありますが、
 二次試験は記述式なので解法は複数あってもOK〜と受け止めました。

なので、資格予備校のどの先生に師事するかもしっかりと決める必要があります。
※大手の場合は、先生を選ぶことができます。
 中小規模や個人で運営している場合、資格予備校の選定=先生の選定となります。

前置きが長くなりましたが、先生選びのポイントを述べていきます。

よい先生とは?

私が考える良い先生の条件を記載します。

解法をパターン化してくれる

「この事例のこの設問はこのように解く」、「このキーワードが出たらこのセオリー(専門知識)を用いる」といった解き方をパターン化してくれ、この解法を一貫性を持って明示的に使い続けてくれる先生がよいと思います。

(例:設問ごとのパターン化)
事例1の第5問:組織構造、人的資源管理な要因/施策→組織の生産性向上、モラールUP等
事例4の第1問:安全性、効率性、収益性のそれぞれから本文やBS等に合う指標を選択

(例:キーワードによるパターン化)
機能別組織:メリットは専門性を高められること、デメリットは部門間連携が阻害等
事業部制組織:メリットは決裁の意思決定が早いこと、
       デメリットは同じ役割の部が複数存在することによる効率ダウン等

※セオリーを教える記事ではないため、簡略化しています。
 個人でしっかり勉強して下さい!

このように問題をパターン化し、そのパターンに対する解法を機械的に適用することが安定的な成績を取るためには必須となります。

参考ですが、↓のような人はまだまだ問題をパターン化して処理できていません。

答練の評価でA(B)が取れる時もあれば、Dの時もある・・・
答練ごとに激しく成績が上下する。

使うべきセオリー(専門知識)を絞ってくれる

そもそもですが、二次試験は一次試験で習ったセオリー(専門知識)を用いて中小企業の現状分析、改善案の提案といった診断活動を行うものです。

一次試験では膨大なセオリーを習いますが、
二次試験で使われる一次試験のセオリーはそれほど多くありません。

そんなにたくさんセオリーを覚えても80分の短い間でそれを使いこなせません。

なので、使用するセオリーをある程度絞ってくれ、かつそのセオリーの使いどきを教えてくれる先生がよいと思います。

最初に設問を見る

お作法的な話になります。

最初に設問を見てから本文を見るという解き方をしてくれる先生がよいと思います。

英語の長文問題を解くときに設問から先に見ていませんでしたか?

私は大学受験の時に先生からそのように習っていました。

先に設問を読み本文の内容をある程度予測してから本文を読み始めた方が
効率よく問題を解くことができます。

本文を何回も振り返って読むと時間がかかるからです。

中小企業診断士の二次試験でも同じことが言えます。

中小企業診断士の問題をパターン化できていれば、設問のキーワードからある程度本文の状況を予測できるようになってきます。

前もって予測を立ててから本文を読み、設問に関係する所にマーキングをしていきます。

これにより、効率的に解答を進めていくことができます。

どうやっていい先生を見つける?

正直、授業を受けたり話してみないといい先生かどうか分かりません。
(ジャストミートでこの先生がいい!と名指しできなくてすみません。)

上記の「よい先生の条件」を参考にしながら↓を実施してみて、よい先生を探してみて下さい。

  • 各資格予備校が主催する「二次試験の解答速報会」に出席する
  • オンラインでやっている受講相談を受ける

大切な決断をするときは、自分で行動を起こして「一次情報」を取得し、
それに基づく判断を行うようにすることをお薦めします。

最後に

ネットには資格予備校や先生の評判がたくさん載っています。

ですが、ここ一番の勝負をしようとしている時の手段を選ぶ際は、
「一次情報」に基づく判断を行った方がいいです。

自動車を買う時に、YouTubeの紹介動画だけを見て購入を決めますか?

実際に試乗してから決めますよね?

車は200~300万円だけど資格予備校はせいぜい20~30万円じゃないか!

と思われる方がいるかもしれません。

いいえ、あなたが試験勉強に費やす時間には自動車以上の価値があります。

だからこそ、資格予備校・先生選びという重要な決断をなんとなくではなく、
自分で体験して決めて欲しいと思っています。