漂流ポストの住所はどこ?行き方を陸前高田市の地図で紹介

東日本大震災の被災地(岩手県陸前高田市)に建てられた“漂流ポスト”を題材にした
短編「漂流ポスト」が2020年3月5日から劇場公開されるというニュースを目にしました。

この短編映画そのものは映画監督の清水健斗さんによって2018年に製作されたものであり、
各国の映画祭や文化会館等で上映されてきた実績があるが、全国の劇場公開には至ってません。

それが、震災から10年の節目を迎える来年、全国の劇場で公開されていきます。

そもそも漂流ポストって何?

漂流ポストは、赤川勇治さんが平成26年に開設した「私書箱」であり、東日本大震災(津波など)で亡くなった人への行き場のない思いを手紙で届けられる場所となっています。

ガーデンカフェ 森の小舎(現在はカフェ閉鎖)の敷地内の漂流ポスト小屋で届いた手紙を閲覧し談話できるようになっています。
※赤川さんが漂流ポストの運営に集中するためにカフェ営業の中止を決断したとのことです。

漂流ポストの宛先は?

宛先は〒029-2208、岩手県陸前高田市広田町赤坂角地159の2「漂流ポスト」です。
手紙は匿名や非公開を求めることも可能とのことです。

2019年時点で600通以上の手紙が届いており、その中には震災だけでなく、事故や病気で亡くなった人に宛てた手紙も少なからず含まれています。

「漂流ポスト」の場所

漂流ポストへの行き方

漂流ポストは都市部からすぐにつくような便利な場所にはありません。

なので、他の名所と組み合わせていくというよりかは「漂流ポスト」に行くこと
そのものを目的に訪れた方がよさそうです。

漂流ポストの役割を考えるとついでで行くような場所ではありませんが・・・

自動車で行く場合

三陸自動車道 通岡ICから来るまで19分(13.9km)です。
自動車で行くのであれば苦にはならない距離だと思います。

NAVITIMEによるルート検索(自動車)

電車とタクシーで行く場合

JR東日本 大船渡線小友駅からタクシーで12分(7.9km)です。

小友駅に近いタクシー会社は「有限会社高田交通(TEL:0192-56-2000)」ですので、
こちらを利用することになると思います。

行きの時に事前に帰りのタクシー手配のことも調べておいた方がベターです。

NAVITIMEによるルート検索(電車・タクシー)

最後に

来年、未曾有の大震災から10年の節目を迎えます。

海外の映画祭でも評価を得ている作品ですので、是非劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

そして、ふと実物の漂流ポストを見に行きたくなったときにこの記事が役に立てば幸いです。