ファミチキバーガーの発売時期やカロリー等を紹介!食べた感想も!

本日2ヶ月ぶりに出社してきました。
私宛の郵便が届いていたのでそれを受け取るためだけに出社!

仕事の帰り道、ふとファミリーマートに吸い込まれました。

お腹が減っていたのでファミチキを買って帰ろうとしたところ、「ファミチキバーガー」という新商品を見つけたので紹介したいと思います。

ファミチキバーガーとは?

ファミチキバーガー = ファミチキ + ファミチキバンズ(タルタルソース)
                    ↑パンの部分、中にタルタルソースあり

今回新しく発売になったのは「ファミチキバンズ(タルタルソース)※税込88円」です。

「ファミチキバーガー」というセットものでの販売ではないので、
レジでいきなり「ファミチキバーガー」を買おうとすると↓のようになります。

ファミチキバーガーをください!

(レジから離れた棚を指差し)あちらの「ファミチキバンズ(タルタルソース)」をお買い求めください。(その後、ファミチキを取り出す)

セットものとして一纏めに買うものではないので注意してください。

レジ横に「ファミチキバンズ(タルタルソース)」がある店ならパッと取れるけど、
そうでないとわざわざ取りに行かなければならず後ろに並んでいる人に申し訳なくなります。

発売時期はいつから?

以前、関東地域(1都6県)の一部店舗にて先行販売した「ファミチキバンズ(タルタルソース)」が好評だったので、2021年1月12日(火)から全国のファミリーマート約16,700店で販売されるようになりました。

カロリーは?

ファミチキバーガー = ファミチキ + ファミチキバンズ(タルタルソース)
404.7kcal      = 251.7kcal  + 153kcal

404kcalなので1回の食事でファミチキバーガーだけを食べるのであれば、
それほど多くのカロリーを摂取していないことになります。

ちなみにTANITAの摂取カロリー早見表によると、冷めんと同じくらいのカロリーです。

冷めん:404kcal、ハンバーグ:437kcal、ラーメン:443kcal、
たぬきそば:376kcal、天ぷらそば:459kcal、餃子:423kcal…

まぁ、カツ丼(893kcal)に比べれば大したことはありませんが。

<参考>
・ファミチキバンズ(タルタルソース)の他の栄養成分
 ※包装の裏側の栄養成分表示から引用

 たんぱく質:4.3g
 脂質   :4.6g
 炭水化物 :24.1g
 食塩相当量:0.8g

・ファミチキの他の栄養成分
 ※ファミリーマートの栄養成分表から引用

 たんぱく質:12.7g
 脂質   :15.7g
 炭水化物 :14.8g
 食塩相当量:1.3g

食べた感想は?おいしいの?

ファミチキだけでも中毒性があるのに、それをタルタルソースがついたバンズで挟み込んで一緒に食べるのでそりゃうまいです。

オリジナルの”ファミチキバーガー”にアレンジを加えたレシピがSNSで公開されていますが、
そのままオリジナルの食べ方でも十分美味しく召し上がれます。

オフィスや休憩室で昼食を食べるシーンを思い浮かべてください。

ファミチキバンズ(タルタルソース)は温めなくてもフワフワとした柔らかい食感なので、
ファミチキを挟んで頬張るだけです。

1分で作れて、4分もしないで食べ切れてしまうので計5分もかかりません。
なので、ゆっくり食事の時間を取れない方に特におすすめです。

最後に

仕事の時は昼食をサッと食べて仕事の続きをやる(その分早く帰る)ことが多いので、
ファミチキバーガーの存在はとても嬉しいです。

ただファミチキは食べれば食べるほど腹が減ります。

なので「ファミチキバーガー2個+αでおにぎり!」
をやってしまうとあっという間に1000kcal近くになるので自制が必要です。

これは一日の半分のカロリーをファミチキバーガー一式だけで摂っていることになります。

農林水産省のホームページによると活動量の少ない成人女性の場合は、1日1400~2000kcal、男性は1日2200±200kcal程度が目安です。

ここで、「活動量の少ない」とはデスクワーク中心(ほとんど座っている)の人を指します。

全国のファミリーマートで取り扱っている商品なので是非お試しあれ!